事業概要

送り手が伝えたい情報をコンテンツに100%盛り込めば、それはすべて受け手に理解されるでしょうか?

例えば、話し相手が大人か子どもかによって、人は情報の表現を変えようとするでしょう。コンテンツもこれと同じで、受け手の属性によってその表現、切り口を変えていかなければ、送り手の伝えたい情報は受け手の心に届きません。コンテンツを制作する際には、情報の送り手と受け手を常に考慮しながら両者をインタフェースし、その最適化を図っていくことが求められます、そして、その機能を担うのが「編集」という存在なのです。

いわゆるWeb2.0の普及などに伴ってマス媒体がますます無力化する一方で、スマートフォン、iPadなどの新しい情報コンテナが次々と登場するなど、情報流通を巡る環境はダイナミックに変化しています。情報の送り手と受け手をインタフェースするという「編集」の役割は、情報流通環境がいくら変化しても変わらないものの、訴求対象に最適な情報コンテナは何か、そのコンテナに最適な表現は何か等、考慮すべき事項が変貌したことは間違いありません。

弊社は、こうした時代の変化を的確に捉えつつ、「編集」の新しい可能性を今後も追求していきます。

主な実績

 

Get Adobe Flash player